土地とお墓には気をつけて

スピリチュアル

脅すなよと言われるけれど

スピリチュアルはいつのまにか「引き寄せの法則」ができるかどうかになってしまった感があります。スピリチュアルの入り口は、「どうしたら、この人生の苦しさから抜け出せるのか?」ということだったと思うのですが、いつのまにか「人生成功」の哲学のような世界になっています。

「人生は修行だ」というところが原点だった、私たちの時代とは、何か違っています。

だって、今は、いつのまにか「人生は、ディズニーランドのように魂が遊ぶための場所」のような、意味合いになっていますしね。

さて、スピリチュアルな世界ですが、スピリチュアルな世界は、神社参拝とセットのところがあります。

神様のことは、大事なことの一つです。

占い師としてのスタートは、占いよりも、そういった見えない世界を学び、その学びを伝えたいと思ったからでした。

そして、「お墓」「先祖供養」は基本中の基本であり、自分の菩提寺への参拝、産土(うぶすな)神社の参拝、鎮守神社の参拝は、絶対に必要なものだと教えられて、必死にやっていました。

だから、スピリチュアルを学ぶ、生きるというのであれば、「お墓まいり」「産土神社参拝」「菩提寺参拝」はやったほうがいいと思っています。

まあ、これを占い師の立場で「お伝え」していた時は、「やはり運が良くなるには、こういったことが大事だよ。という脅しになってるのかな?」という思いはありました。

では、本当に必要なのか?

では、その3つのことは、本当に大事なのか?といわれると、「まあ、大事でしょうね」ということになります。ただし、絶対ではないとも思っています。

政治家、リーダー、など多くの人々の賛同を得ることで成り立つ立場の方々がいます。その方々は「お墓まいり、神社参拝、菩提寺参拝」はほとんどの方がやっていると思われます。(よく週刊誌の記事になりますね)

私のクライアントさんも、そこは抑えている方々が多いです。

それくらい、人の後押しをいただくためには、何らかの「力」が必要だということを知っているからだと思います。

また、多くの方々の鑑定をしてきたことで、この「お墓まいり」ができていない方々には、家族の離散、母親失踪、父親失踪、兄弟行方不明・・など家族がバラバラになっている例をたくさん鑑定してきました。

「お墓がわかりません」

「お墓まいりに行ったことがありません」

「お墓がありません」

みなさん、共通していたのは、「お墓まいり」ができていなかったこと、そして、神社参拝も、当然菩提寺参拝も・・です。

見えない世界は人情の世界でもある

「自分の努力で何とかする」「人に頼っていけない」「自分の人生は自分の力で切り開く」

一見、素晴らしい意思決定なのですが、見えない世界を侮りすぎです。

私たちは、「多くの存在」から助けられ、つながれ、応援されていく存在です。

それは、見えない世界のご存在達にもいえることです。多くの存在達は、知らないところで、守ってくれているのです。

守護霊様、指導霊様、守護先祖霊団、産土の大神様、鎮守の大神様、多くのご存在達は、見えないけれど、守ってくれていて、そして、時に叱咤激励して、時に戒め、そして、魂の成長に繋がるように導いてくれています。

そして、「一切の見返りは期待していない」

けれど、実は、感謝されるととても輝くのです。とても喜びの波動になるのです。自分たちは、見えないので、その存在を知らなくても全く構わないのですが、「感謝」というエネルギーは、とても嬉しいようなのです。

関心を持ってくれて、そのことに感謝という思いで、返されることは、「見返り」を期待しないという存在達でも、とっても嬉しいようなのです。

だから、できれば、気持ちをそちら向けてもらえるだけでも、自分の何かがホッとするはずなのです。

そうやって、見えないご存在達と、私たちは共同作業で、この人生を生きているのです。

以外とスピリチュアルの世界も人情の世界だったりします。

あっ、土地の話は次回に書きますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました